[iPhoneアプリレビュー] Scannableが熱い! 出先でさくっと複数枚スキャンしたいときはコレ

iphoneで書類をスキャンしている

出先でさくっと書類のスキャンをしたいときに便利なアプリがEvernoteから出ました。

・ちょっと名刺の情報を共有したい
・ペン入れした企画書をすぐ共有したい

といったケースはたまにありますが、いざそうなると

スマホのカメラで写真をとって、メールしたりしていませんか?

1枚のスキャンならそれで問題ありません。

しかし、2枚以上のスキャンをしたいなら、このアプリは試す価値ありだと思います。

ちなみに、Evernote社のアプリですが、何ならEvernoteを全く使わないでもアプリ自体は活用できます。

早速使ってみる

App Storeからアプリをインストールし、起動します。

アプリから、カメラへのアクセスを許可すると早速スキャン開始の画面がでます。

IMG_0191

スキャンを開始、を選択すると

IMG_0192

カメラが自動で書類を認識し、シャッターが切れます。
(手動で撮影、を選ぶことも可能)

IMG_0195

スキャンした画像は、Evernoteに保存するか、iCouldにエクスポート、またはメールで送信したり、カメラロールに保存したりできます。

連続スキャンが熱い!

まず、このアプリで便利だと思ったのは連続スキャンができることです。

上述の通り、カメラの撮影範囲内に書類を置けば自動でシャッターが切れます。

一旦アプリを起動したら、あとはiPhone,iPadを持った方の手は固定して、もう片方の手で書類を取り替えていくだけで、バシバシスキャンしてくれます。

多少の傾きも自動で補正してくれるので、本当に適当な感じで書類を交換していけばすごいスピードでスキャンが完了します。

もちろん、画質や付属機能ではScanSnap等のスキャナーにはかないませんが、文字がはっきり読めればOKという状況ならこのスピードは助かります。

なおスキャンの度にカメラのシャッター音が鳴りますのでご注意を。

PDF化が熱い!

このアプリの一番の見所は、ずばり、PDF化だと思いました。

1枚だけスキャンした場合は、JPEG画像として保存されますが、

連続してスキャンした画像を、メールで共有すると、一つのPDFにまとめて送ってくれるのです。

IMG_0193

名刺を裏表スキャンしてメールで送ると自動で一つのPDFに!

外出先で、どうしても書類を誰かに送りたいとき、というのはたまにありますが、そんな時でもiPhoneや、iPadだけですぐ複数ページのPDFが作成できるのは有り難いです。

A4サイズくらいまでは問題無くスキャンできるのでビジネスシーンでは重宝する予感がします。

なさそうでありそうな活用例

このPDFデータをNetPrintと組み合わせれば、仮に相手がスマホやノートパソコンを持っていなくても、セブンイレブンさえあれば書類のコピーをゲットすることもできます。

今時、そんなケースがあるのか?

と思われるかもしれませんが、私の周りにはアナログ派のクライアントがまだまだいらっしゃいます。

パソコンもスマホもある人から「FAXで送ってくれ」と言われた経験はありませんか?

そういったお客様達が出先にいるとき、そしてこちらも出先にいるのに、どうしても書類を確認したいと希望された場合、

ScannableでスキャンしてPDF作成

→NetPrintでコード発行

→お客様に口頭でコードを伝える

なんて流れで取り急ぎ書類をお渡しすることは可能です。

一度くらいは「あって良かった」と思える日が来るかもしれない・・・

と思いながら書いています。

ということで、是非お試しあれ!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です