Googleサポートが神対応だった!Googleドキュメントの「匿名さん」って誰?


ある日、Googleドキュメントで作ったスプレッドシートを見ていると、「最終編集:2日前(匿名さん)」の表示に気付きました。

WS000071a

匿名?
このファイルは一般公開していないのに匿名さん?
しかも、匿名さんが編集している?
どこを?

と、はてなマークが噴出しました。

さすがに、外部からの不正アクセスなどがあったらまずいので、まずは検索して調査するものの・・・。

ネットで見つかった事例は、リンクを知っている人なら誰でも編集出来るようになっているファイルの話でした。

「それはそうですよね・・・」

念のため共有状況を確認すると、限定公開になっているし、そもそも組織外とのファイル共有がOFF。

WS000072a

一体これは何なのか?

世界のどこかに、同じことで悩んでいる人がいるかもしれないので、話の顛末をメモ代わりに投稿しておきます。

photo credit: Alexandre G. via photopin cc

ということで、サポートに連絡

とりあえず、
・共有していないドキュメントでも、外部アプリがアクセスすると匿名になるかもしれないので確認が必要
・組織内のユーザーからのアクセスでも、表示が匿名になる事例もあるらしい。
の2点のアドバイスを頂きました。

あとはスクリーンショットなどを送って調査してもらうことに。

返信を待つ間に謎解き

人間以外のアプリなどがファイルにアクセスしていないか、許可済みのアプリ一覧をチェック。
結果、このファイルに触るアプリ等は無い模様。

匿名さんはいつから始まったのか?

編集履歴を見ると、ファイル作成日からずっと匿名さんの表示が・・・。

ということは、途中で何かが起きたわけでは無く、最初から匿名さんがいたということに。

しかも、その他のファイルには匿名さん問題は確認されていません。

ということは、このファイルだけにある何かが原因になっている可能性が高いはず。

しげしげとスプレッドシートを見ていると、

このファイルにはImportXMLという、外部のXMLを読み込む関数が使われていることを思い出しました。

しかも、このファイルは作成当日から、ImportXMLを使っていた記憶があります。

この関数を使った作業をするために、このファイルを作ったからです。

容疑者ImportXML

目星がついたので、的をしぼって実験。

このスプレッドシートは、所定のセルにキーワードを書くと、Googleの検索サジェストワードの一覧が出てくるようになっています。

入力したキーワードに対し、候補を返してくれるのがImportXMLという関数です。

だから最後は人間では無い何かの手でファイルが更新されていることになるのでは? と考えたわけです。

しかし、キーワードを入力し直しても、「保存しました」 と出るだけでどこにも匿名さんは出てこない。

あくまでキーワードを入力してエンターを押したのは人間である自分だからなのか?

なかなかしっぽを出さないImportXML

やはりImportXMLが犯人だった!

しかし、他にこちらで考えられる原因がないのでどうしても深追いしたくなります。

そういえば、ImportXMLはブラウザを開き直すときに、再度全ての情報を読み直すという仕組みだったような・・・。

そこで、一旦ブラウザを閉じて、再度開いてみたら出ました!

そこには、匿名さんの表示が!

ブラウザを立ち上げ直す時には、自動的に最新のXML情報を更新するというアクションが起こります。

これはスプレッドシート側の機能がやっていることだから、人間ではない何か=匿名さん、になるということでしょうか。

GOOGLEサポートからの返信あり

Google社から返信をもらった際に、この話をしたらその通りだという回答でした。
もちろん不正アクセスなどの問題がないことも、チェックして頂いたとのこと。

さらに、

[匿名さん] では、混乱を招きかねない表記でしたので、ご心配をおかけしないような文言(「システム処理」や「関数の更新」など)に変更するよう、担当部署に改善をリクエストいたしました。

とのことで、一安心。

まとめ

この記事はGoogleドキュメントで、限定公開のファイルなのに「匿名さん」が編集した履歴があるという謎についてのメモです。

この件で悩んでいる人は相当少ないと思いますが、何かの参考になれば幸いです。

何か謎が浮上したときには、できる限り情報を集め→仮説を立てて検証するというのはちょっとしたパズルみたいで面白いですね。

特に、原因を突き止めたときの達成感はたまりません。

ではまた!

編集後記

初日からこの表示が出ていたなら、今まで気付かなかったのが不思議です。
スプレッドシートで、関数を使って情報を更新したまま、ブラウザを閉じて、また開けるという動作を今までやったことがなかったのかもしれません。

とにかく原因が分かってすっきりしました。
Googleサポートの方も、再現テストまでして頂いて有難うございます!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です