ストーリーでわかる自由の作り方

ストーリーでわかる自由の作り方

「当たり前」に気づけば、人は一瞬で変われる (第34話 朝日)

― 高校3年生の冬がやってきた。省吾は受験を前に、日々勉強を重ねるが精神的なプレッシャーは高まり続けていた。 ― 勉強をすればするほど、分かることが増え、そして分からないことも増えていく。 日を重ねる毎に、目標に向かってスピード...
ストーリーでわかる自由の作り方

長時間集中して仕事や勉強をするためのコツ (第33話 重すぎるカバン)

― 高校3年生の2学期を迎え、省吾は本格的な勉強体制を確立しつつあった。集中力や勉強効率もとことん重視していたが、その先の壁は、やはり時間の積み重ね以外では超えられそうにない。そこで、長時間戦い続けるために省吾が思いついた方法とは? ―...
ストーリーでわかる自由の作り方

本当の意味で「使える知識」を身につけるための多次元的思考 (第32話 過去問)

― 高校3年生。省吾はそろそろ志望校の過去問に着手することにした。しかし、その過去問は省吾の期待を良い意味で裏切るような、異次元の問題だった。 ― 最近まで、世界史は得意科目だと思っていた。 センター試験の過去問を解いたりしても、既...
ストーリーでわかる自由の作り方

希望と違う仕事にも意義を見いだす考え方 (第31話 国語と数学)

― 高校2年生の2学期。省吾は受験を視野に、徐々に主要教科の勉強を進め出した。特に遅れている数学を中心に勉強することにしたのだが、どうしても超えられない壁を感じていた。 ― 「どうしても理解できない問題がある・・・」 最近は数学...
ストーリーでわかる自由の作り方

誰のために生きるのか? 自分の為に生きるとはどういうことか? (第30話 自由の意味)

― 本格的に受験勉強に取り組む前に、省吾には一つだけ、どうしてもはっきりさせておきたいことがあった。 ― 思い起こせば、ずっとずっと小さい頃から、「良い大学に行け」と言われてきた。 ようやく今になって、自分でも受験勉強に向き合お...
ストーリーでわかる自由の作り方

(続)一点集中のメリット 再現性を手に入れる (第29話 リプレイ)

― 高校2年の夏が過ぎ、省吾は受験勉強にかける時間を増やしつつあった。今まで英語ばかりやっていた省吾だが、その他の科目を本格的に進めるにつれ、あることが明らかになっていった。 ― 高校1年の最後まで、勉強と言えば英語ばかりやってい...
ストーリーでわかる自由の作り方

苦手意識 克服の第一歩 その苦手意識は本物か? (第28話 魔法の参考書)

― 省吾は数学がずっと苦手だった。しかし、志望校は数学が必須科目になっている。省吾は、暗記で数学が解けるようになるという魔法のような参考書に出会うのだが・・・ ― 俺も高校2年生になり、1学期が始まった。 去年までは英語を完成さ...
ストーリーでわかる自由の作り方

仕事がはかどる「濃い」時間はいつやってくるか?  (第27話 通学電車)

― 高校2年になる頃、省吾は朝の通学電車の中だけは勉強しようと決めていた。省吾にとって、朝のこの時間は1日で1番集中できる時間だった。 ― 「省吾君、おはよー」 「おはよー。今日も有り難う!」 有り難いことに、朝、通学の電...
ストーリーでわかる自由の作り方

集中力の維持は結局、気合いの問題なのか?  (第26話 春の宴)  

― 省吾は高校1年生の春休みの間、来る日も来る日も、映画を観ていた。どうした省吾? 受験勉強を始めるんじゃなかったのか? ― 英検1級に受かってから、ようやく英語以外の受験勉強に着手できると意気込んだが、それもつかの間だった。 ...
ストーリーでわかる自由の作り方

私の人生を変える分岐点はいつ来るのか? 「第25話 卒業」

― 高校1年生の3学期が終わり、省吾は春休みを迎えていた。知り合いの何人かは3年生を終え、卒業を記念してちょっとした会を開くというので出かけていくが、省吾はそこで、久々にあった先輩に相談を受ける。 ― 「あ、省吾君、久しぶり!」 ...