ストーリーでわかる自由の作り方

ストーリーでわかる自由の作り方

弱者の戦略 一つのことに集中して、尖らせることのメリット (第24話 掲示板のピン)

― 高校1年の3学期がそろそろ終わろうという頃、省吾は学校の渡り廊下で雑用をこなしていた。 ― 「それにしても、この掲示板には、一体何個ピンが刺さっているんだ?」 今日は学期末によくある「大掃除」の日だ。 俺はなんとか雑巾がけ...
ストーリーでわかる自由の作り方

新しい知識と技術を習得する時に一番注意すること (第23話 次の目標)

― 省吾は久々に、英語以外の科目に着手することにした。意気込んで、翌日の授業の予習を始めたまではいいのだが・・・ ― 「英検との戦いも、ようやく終わった・・・」 英検1級の合格通知が届いた日、俺はしばらく机に向かってその通知を眺...
ストーリーでわかる自由の作り方

起業したくてもお金がない!? ゼロから1を生み出すことの本当の意味 (第22話 特待生)

― 英検1級に受かると、省吾は通っている高校から特待生の認定を受けた。鉛筆一本で授業料を稼いだ省吾は、そのとき何を感じたのか? ― 英検合格のおかげで、俺は2年生以降、特待生扱いにしてもらうことが出来た。 要するに授業料が全て免...
ストーリーでわかる自由の作り方

成果を上げる人と、そうでない人の分かれ目は? 最短ルートに投資する (第21話 手作りのチラシ)

― 省吾は、はじめての英検1級2次試験で衝撃を受ける。(第16話参照)自分なりに努力して臨んだはずだが、本番ではまったく勝負にならなかったからだ。合格に向けて、省吾がとった次の策とは? ― 「もう後が無い・・・」 これまでという...
ストーリーでわかる自由の作り方

うまくいかない時のモチベーション管理 (第20話 夕立)

―高校1年生の夏。英検1級の2次試験に落ちた省吾は、自分には何も残っていないような気分だった。学校の授業にも面白みを感じられず、省吾は、適当な理由をつけて学校を早退した。 ― 俺はこのところ、というか今までずっと英語の勉強に賭けて...
ストーリーでわかる自由の作り方

つまらない仕事にモチベーションを見出す方法 (第19話 日記)

― 省吾、高校1年生。 単調な暗記学習の連続に疑問を感じることも出てきた。そんな時、省吾が拠り所にしたものとは? ― 学校帰りの電車に揺られながら、俺は思いつくままに、ペンを走らせていた。 「勉強は何のためにするのか?」 ...
ストーリーでわかる自由の作り方

時間がない? スキマ時間を無駄にしないための考え方 (第18話 零時前)

― 省吾、高校3年生。5月の模試で失敗してからというもの、省吾は毎日、勉強時間を記録するようになっていた。もちろん、それは確実に日々の勉強をこなしていくためだったが、省吾は意外なことに気づく。 ― このところ、折りたたんだルーズリ...
ストーリーでわかる自由の作り方

やる気が出ないとき、勉強や仕事はどうすればいいのか? (第17話 夏バテ)

― 高校1年の夏、省吾は夏ばて気味だった。模試の日程は近いが勉強する気が起きない。脱力気味の省吾が、そんな時でも出来そうだと感じたことは? ― 夏は寒暖差でやられる。 外に出ればもちろん暑いが、問題はその後だ。 どこかの段...
ストーリーでわかる自由の作り方

願いが叶わない理由と、努力が報われない理由。 (第16話 世界が違う)

― 省吾は高校入試が終わると、また英語の勉強ばかりしていた。英検1級合格を目指す省吾が目の当たりにした世界とは? ― とうとうこの日が来た。 英検1級の1次試験の結果が届き、今目の前にある。 俺は軽く手をこすり合わせ、...
ストーリーでわかる自由の作り方

英語勉強法 英文法の勉強はあとでいい (第15話 最初の授業)

― 省吾は地元を離れ、私立高校に入学した。別に有名な進学校というわけではなかったが、難関大に入学する生徒も毎年何人かはいた。省吾は地元の高校に通うより、かなり良い選択だと思っていた。 ― 「はい、この文は、この部分がSVCの第2文...