ストーリーでわかる自由の作り方

自信とは何か? 自信を付けるためのコツ (第38話 合格発表)

― 省吾は高校の卒業式を終え、折しも重なった大学の合格発表へ向かう。そこで省吾が見た世界とは? ― 「長い戦いだった。」 数年といえば時間的には短い期間かもしれない。 だが、18歳の俺にはこの上なく濃い時間だった気がする。 ...
起業

選択肢と幸福の関係 自分でビジネスを起こすことの行き着く先は?

「自分でビジネスを起こす」ということをある視点から見ると、選択肢が増えるということを意味します。 選択肢が増えれば人生の自由度が上がります。 しかし、人間は環境や習慣の変化に戸惑いを感じ、自分が知らない世界に恐怖を抱く生き物です...
ストーリーでわかる自由の作り方

大事な日の前日の過ごし方と、絶対やってはいけないこと (第37話 静かな一日)

― 2月某日。省吾は大学受験を明日に控えていた。 ― 「とうとう明日だ。」 明日と、明後日の2日間で今までのすべてが試される。 朝、俺はいつも通りに起きると電車に乗り、いつも通り教科書を開いて復習を始めた。 もう何度も読...
ストーリーでわかる自由の作り方

心の声に従い、考えるより早く問題に気づくためのテクニック (第36話 左の眉)

― 冬の寒さが深まる中、高校3年生の省吾は今日も自分のルール通り、勉強時間をこなす。各科目の時間は簡単なメモで済ませているが、科目一覧をみていると不思議なことに気づく。 ― 今年の5月くらいだったと思うが、それ以降は日々決めた時間...
ストーリーでわかる自由の作り方

夢を叶えるための材料 (第35話 学園祭)

― 省吾は受験を前に、試験当日や合格した自分についてのイメージトレーニングを重ねていた。だが、目標を達成した自分を一番リアルにイメージ出来る材料は、意外にも勉強とは違うところにあった。 ― 駅を降りればすぐにキャンパスの正門がある。 ...
ストーリーでわかる自由の作り方

「当たり前」に気づけば、人は一瞬で変われる (第34話 朝日)

― 高校3年生の冬がやってきた。省吾は受験を前に、日々勉強を重ねるが精神的なプレッシャーは高まり続けていた。 ― 勉強をすればするほど、分かることが増え、そして分からないことも増えていく。 日を重ねる毎に、目標に向かってスピード...
ストーリーでわかる自由の作り方

長時間集中して仕事や勉強をするためのコツ (第33話 重すぎるカバン)

― 高校3年生の2学期を迎え、省吾は本格的な勉強体制を確立しつつあった。集中力や勉強効率もとことん重視していたが、その先の壁は、やはり時間の積み重ね以外では超えられそうにない。そこで、長時間戦い続けるために省吾が思いついた方法とは? ―...
ストーリーでわかる自由の作り方

本当の意味で「使える知識」を身につけるための多次元的思考 (第32話 過去問)

― 高校3年生。省吾はそろそろ志望校の過去問に着手することにした。しかし、その過去問は省吾の期待を良い意味で裏切るような、異次元の問題だった。 ― 最近まで、世界史は得意科目だと思っていた。 センター試験の過去問を解いたりしても、既...
経営戦略

経営者のための、経営戦略ドリル 「現状分析」

早速ですが問題です。 あなたは、ある温泉旅館の経営者だとします。 ある日、銀行から 「融資するから、多目的イベント施設を新設するか、客室を改装するかして、売り上げをテコ入れしたらどうか?」 との打診がありました。 ・多...
ストーリーでわかる自由の作り方

希望と違う仕事にも意義を見いだす考え方 (第31話 国語と数学)

― 高校2年生の2学期。省吾は受験を視野に、徐々に主要教科の勉強を進め出した。特に遅れている数学を中心に勉強することにしたのだが、どうしても超えられない壁を感じていた。 ― 「どうしても理解できない問題がある・・・」 最近は数学...